RJ350449 | 肉虐と触獄による戦乙女の産劇

ID RJ350449
Author/サークル名 フリー・センテンス
Released/販売日 2021年10月14日 0時

本作品は文章だけの作品となっております。

~~あらすじ~~

・・・・・・人類が、神の領域とされてきた遺伝子工学の世界に足を踏み入れたのは一九七十年代のことである。遺伝子工学の発展は、生物学および医学の分野で人類に無限の可能性をもたらすことが示唆されていたものの、暴走する狂科学主義に警鐘を鳴らす声は当時から少なくなかった。

 その懸念が現実のものとなったのは二〇九二年のことである。アフリカ大陸で勃発した「ボーワル戦争」にて、受精卵の段階で遺伝子組み換えがおこなわれた「デザイナーベイビー」が、「改造兵士」として実戦に投入されたのである。
 以来、戦闘用に特化した改造兵士たちは、世界中のあらゆる戦場に投入されて活躍し、さらにその戦闘能力をあげるため、後天的に他生物の遺伝子を注入するといった蛮行がおこなわれた結果、制御不能な「怪人」が誕生したのであった。

 世界中で脅威を撒き散らし、「災害」とすら称されるようになった彼ら怪人たち。
 そんな怪人たちを討伐すべく結成されたのが、怪人と同じく戦闘用に特化された「デザイナーベイビー」であるものの、その全員が美少女たちで構成された「ヴァルキリー部隊」であった。


 極東アジア「エリアイレブン」で活躍するヴァルキリー隊員の「ミコト」は、とある廃墟に複数の怪人が集まっているという情報を受け、それを討伐するためにひとりで出動した。
 しかし、そこで彼女が目にしたのは、怪人ではなく、醜悪で巨大な肉の塊であった。
 ミコトはこの肉塊を倒すべく、戦闘をおこなうが、強い再生能力を有するこの敵に致命傷を与えることができずに敗北してしまう。

 ヴァルキリーに強い憎しみを抱く肉塊は、捕まえたミコトのスーツを破いて彼女を全裸にすると、彼女をなじりながらその肉体に激しい凌辱を加えた。
 大量の触手を尻穴から侵入させ口まで貫通させて串刺しにし、大量の触手を乳房に侵入させて乳線を隅々まで犯すといった凌辱に、ミコトはついに屈してしまうのだった。

「うげえぇぇえぇぁあぁぁぁあぁぁぁあぁぁああぁぁぁあぁぁぁあぁぁぁぁあぁぁぁぁあぁぁあぁぁぁあぁあぁぁぁッッッ! いたいぃいぃいぃいぃいぃぃいぃいぃぃぃいぃいぃぃッッッ、ぐるじぃいぃぃいぃぃいぃぃぃいぃいぃいぃぃぃいぃいぃぃいぃぃぃいぃぃッッッ、おっばいごわれるッ、ごわれぢゃうッ、ぐぎゃがあぁあああぁぁあぁぁあああぁぁあぁあぁぁあぁあぁぁあぁあぁぁぁあぁぁぁあぁあぁぁぁぁあぁぁッッッ! だずげでッ、だずげでぇえぇぇえぇぇえぇえぇぇえぇぇええぇぇえぇぇぇッッッ! ももももうッ、ゆるじでぇえぇえぇえぇぇえぇぇえぇええぇぇぇぇえぇぇえぇぇえぇえぇぇぇえぇえぇぇぇぇぇえぇぇええぇぇぇぇぇッッッ!」

 肉塊の破壊的な凌辱に、顔中を涙や涎でぐちゃぐちゃにして泣き叫び許しを乞うミコト。
 そんな彼女に対して、肉塊は憎悪を込めて叫ぶのだった。

『ウルセェンダヨッ!』
『大体ナァッ、俺「タチ」ダッテコンナ化ケ者ニ生マレタクナカッタンダヨ! 誰ガ生ンデクレト頼ンダ! 誰ガ造ッテクレト願ッタ! 勝手ニ造ッテ、勝手ニ産ンデッ、シカモ改造シテオイテッ、本能赴クママ生キテタラ人類ノ「敵」ダトッ!? フザンナッ! フザケンナッッ! ダッタラ造ルナッテンダ! ボケガッ!』

 かくして肉塊は、ミコトの肉体をさらに激しく責め立てるのだった。
 そして・・・・・・。



 総文字数は29350文字です。
 強靭な肉体をもった美少女が、簡単に死ぬこともできずにグロテスクな肉塊に容赦なく責め立てられる姿をどうぞお愉しみください。

コメントはまだありません。
認証が必要です

コメントを投稿するにはログインする必要があります。

ログイン