RJ359264 | ずっと男だと思ってたネトゲ友達がじつは男の娘でしかも自分のスケベな姿を見られるのが好きな変態だったら展開は間違いなくこうなる

ID RJ359264
Author/サークル名 五時半
Released/販売日 2021年11月25日 16時

俺の名前は、倉持徹。
35歳の引きこもり無職。彼女いない歴=年齢。

そんな俺の唯一の趣味は、オンラインゲーム。
そこで知り合った「五右衛門」という名の男と3年間、毎日、一緒にゲームを遊んでいる。

五右衛門は○代半ばと若く、年は離れていたものの、引きこもり同士ということですぐに仲良くなった。
ゲーム以外にも、あらゆることを深く熱く語り合ってきた。
ゲームのフレンドというより、もはや親友に近い存在。

いつもの通り、一緒にゲームを遊んでいたら「髪切ったから見る?」と五右衛門。

「見るって?」
「ビデオ通話で」
「む、無理に決まってるだろ! 俺なんか人前に晒せるツラじゃないし」
「ビデオ映すのは僕だけでいいから」

しかし画面に映し出されたのは、完全なる女の子だった。
女性とは会話すらままならぬと狼狽する俺に、五右衛門はスカートをたくし上げ、男だという証拠を見せつけてくる。
そこには、股間の膨らみが……!

「お前、なんで勃起してるの?」
「見られてるから……」
「見られるのが好きなのか?」
「好きな人になら……」

照れる五右衛門。顔は完全に女。しかも、かなりの美少女である。
膨張する五右衛門の股間を見ながら、俺は右手を加速させていく。

無事、相互オナニーを済ませたあとは、五右衛門から愛の告白を受け、後日、会うことに。

翌日、男の娘に目覚めた俺は、ネットでエロ動画を検索。
そこでヒットした動画には、五右衛門に似た男の娘の姿が……?



基本CG23枚+α、差分込み90枚
セリフの有無で合計180枚

認証が必要です

コメントを投稿するにはログインする必要があります。

ログイン